トップページ >>  おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」
お店や特典を探そう!
img
特典を受けるには
ひらかた朝日くらぶ会員証の提示が必要です。
ふれあいタウン ひらかた朝日くらぶ 会員証
img
img
img
編集部より
img

おいしいパンのおはなし Vol.8

おいしいパンのおはなし Vol.8

おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」

第8回【菓子パンのおはなし クリームパン】

日本人がこよなく愛する日本生まれの「クリームパン」!その人気は絶大で、スペシャリティとして扱うお店も多く、必然的にそのクオリティはグングン上がっていくばかり!!
現在でも多くのパン屋さんで造られている人気のパンですが、大手のパンメーカーもクリームパンを販売しているので、更に多くの人に食べられるようになり、永く愛され続けている菓子パンです。

そんな日本人が大好きなクリームパンをご紹介いたします。

■クリームパンの元祖は“新宿中村屋”

昔から、日本の3大菓子パンといわれるのが"あんぱん""ジャムパン""クリームパン″。
今ではジャムパンを抑えて…メロンパンが名乗りを上げていますが…。
その中のクリームパンの元祖を造ったのは“新宿中村屋“さんだそうです。
創業者の方が、初めてシュークリームを食べて、その美味しさに驚き「このクリームを餡のかわりに用いたら新鮮な風味が加わって、あんぱんよりも洋風で少し高級なものになるのでは」と考えたようです。
しかも、子供にとっては小豆と砂糖だけの餡よりも、乳製品を使ったクリームのほうが栄養価の面で良いのではないかという考えもあり、早速作って店に出してみると…これが大好評だったそう。
それが…明治37年(1904年)のことでした。
また、そのクリームをジャムのかわりに用いたワッフルも発売されたそうです。

■クリームパンの形!?

あんぱんといえば"へそ"、そして、クリームパンといえば"グローブ型"を思い浮かべる方も多いことでしょう。
中村屋さんのクリームパンはを売り出した当時は、切れ目のない半円の形をした"柏餅型"だったそうです。

・なぜグローブ型になったの?
一説によると「あんぱんやジャムパン、クリームパンのような中身に”餡”を詰めたパンは、細心の注意を払っても、発酵段階で中に空洞が生じてしまうことがあります。品質に問題はありませんが、お客様は損をしたような感じを抱いてしまう…。そこで空洞が出来ないように空気抜きとして切れ目をいれた結果、見た目がグローブ型になった」そう。
今ではジャムパンがグローブ型でクリームパンはアーモンドスライスをトッピングしたり、クリームでラインを引いたり…店によって様々です。

■カスタードクリーム

・卵黄、砂糖をよくまぜ、小麦粉(コーンスターチでもよい)、温めた牛乳を少しずつ加えてのばし、とろみがつくまで加熱したもの。

・一般的にバニラの香りをつけて、薄黄色くとろ~りとして甘いクリーム。

・そのほかに、バニラビーンズを入れたカスタードクリーム、イチゴミルククリーム、チョコクリーム、抹茶クリーム、コーヒークリーム、紅茶クリーム…etc、パン屋さんにより様々なクリームパンがあります。

・ホイップクリームと異なり加熱しても変質せず、また安価なため非常に多く使われています。しかし水分が多いため日持ちがしないのが難点で、対策としてブランデーなど、洋酒による味付けを兼ねたアルコール分の付加が行われているものもあります。

・泡立てた生クリームを混ぜるとコクと食感が向上した高級なクリームになります。

おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」
おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」
おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」
おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」
おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」
■渦潮ベーカリーくずは店のクリームパン

渦潮ベーカリーくずは店でもクリームパンの根強いファンの方がいらっしゃいます。
創業当時のクリームは、牛乳やバニラビーンズを使用せず、水・片栗粉を使用して造っていました。
その、昔懐かしいあっさりとした口どけのクリームを使用した特製クリームパンは、今でも別注で造っています。

・至高のクリームパン
 バニラビーンズと牛乳をたっぷり使った濃厚なクリームと、上掛けのクッキー生地がブリオッシュ生地とあいまってサクサクした食感が人気の、渦潮ベーカリーくずは店の看板商品です。

・クリームパン
 スマイルを描くことで「幸せを運ぶクリームパン」とお客様に喜ばれています。
 クリームは牛乳と卵のカスタードクリームで、子供たちに大人気のクリームパンです。

おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」
おいしいパンのおはなし Vol.8 「おいしいパンのおはなし Vol.8」
■ジャムパン

ちょっとここで、「あんぱん」と「クリームパン」の同時期に考案された「ジャムパン」をご紹介します。
ジャムパンも日本発祥のパンで、明治33年に木村屋総本店で考案されたのが始まりとされています。
最初に作られていたジャムパンはあんずのジャムが主流だったそうですが、時代の流れと共にイチゴジャムやリンゴジャムが多くなり、現在ではその殆どがイチゴジャムを包んだものが主流です。

現在、リティールベーカリーではほとんど見ることができません。
渦潮ベーカリーくずは店では、今でも定番商品として造り続けています。
・ジャムパン
 イチゴジャムを挿入しています。
毎日少しですが造っており、毎日完売する…息の長い人気商品です。

クリームパンとジャムパンは焼きたてよりも、少し熱の取れた頃の方が美味しく、また、甘みが強いという特徴から、紅茶や緑茶、コーヒーなどとも相性が良く、ティータイムの際に一緒に食べられる事が多いようです。
クリームパン、ジャムパンとともにお好みの飲み物とティーブレイクをお楽しみください。

次回は「菓子パンのおはなし デニッシュパン」です。
Vol.9へ

▼▽▼プロフィール▼▽▼

白井 浩(しらい ひろし)

1960年3月6日生まれ
1987年10月6日「渦潮ベーカリーくずは店」をオープン

◆◇◆ TV出演 ◆◇◆

日本TV「ズームイン」
日本TV「スッキリ!」
毎日放送「ちちんぷいぷい」
毎日放送「プリプリ」
朝日放送「ごきげん!ブランニュ」
NHK「ぐるっと関西おひるまえ」
関西テレビ「キャラぱら」
K-CAT水津浩二の「お得でっせ~」


変えない変わらないをモットーに…創業当時より変わらぬ製法で「なんだかなつかしい味のするパン屋」を追及して頑張っています!!

渦潮ベーカリーくずは店
img