トップページ >>  おいしいパンのおはなし Vol.23 「おいしいパンのおはなし Vol.23」
お店や特典を探そう!
img
特典を受けるには
ひらかた朝日くらぶ会員証の提示が必要です。
ふれあいタウン ひらかた朝日くらぶ 会員証
img
img
img
編集部より
img

おいしいパンのおはなし Vol.23

おいしいパンのおはなし Vol.23

おいしいパンのおはなし Vol.23 「おいしいパンのおはなし Vol.23」

第23回【パンと○○のマリアージュ(美味しい関係)】

いまや『パン』の消費量は、おコメとほぼ同じ水準にまでなってきています。
日本ほど色々な種類の美味しいパンが食べられる国はないのですが…、現在では「主食」のイメージが強い日本の“パン”。
明治時代に、パンの中に餡をいれた“あんぱん“が流行したことで、日本の“パンはおやつ”としてのイメージが定着しました。
そのイメージが1890年の米の大凶作がきっかけで一変!?
おコメの代わりにイギリスパンに味噌や砂糖醤油などを塗って串に刺して焼く「つけ焼きパン」という食べ方が広まり、それまでおやつとしてたべられていたパンが主食としても定着していったのだとか。

主食としても、おやつとしても食卓に欠かせない『パン』、ここでは、「パンと○○のマリアージュ(美味しい関係)」をご紹介します。

【ワインに合うパン】
ワインとパンは両方とも発酵食品同士!
ワインの香りの表現の中に「トーストしたパン」とか「ブリオッシュ」「バター」といったワインに関係する言葉もでてくるなど、共通点も多いのです。

◆スパークリングワイン
・クロワッサンやブリオッシュのバター風味が、スパークリングワインにすごく合います!
特にシャンパンなどのような熟成期間の長い、コクのあるタイプは酵母の香りとマッチして、とてもおススメです。
・メロンパンとスパークリングワインの組み合せもおススメです!
メロンパンのさっくりした皮目の食感、ほどよい生地の甘みがスパークリングワインにぴったり合うのではないでしょうか。






スパークリングワイン

スパークリングワイン

クロワッサン

クロワッサン

メロンパン

メロンパン

メロンパン

メロンパン

メロンパン

メロンパン

◆白ワイン
・ブリオッシュはコクのある白ワインにピッタリ。
・ぶどうパン、ナッツが入ったパンもおススメ。

◆赤ワイン
・ベリー系やいイチジク、オレンジビールなどのドライフルーツが練りこんであるパンは、赤ワインにピッタリ。
ワインと同じフレーバーを感じられるもの同士を組み合わせることで、お互いの長所を高め合い、さらにおいしさが増してくるのだと思います。




デニッシュ食パン

デニッシュ食パン

マフィン

マフィン

ワイン

ワイン

【チーズと合うパン】
チーズ料理の代表格は「チーズフォンデュ」…!
そのほか、チーズたっぷりのグラタンやパスタにもパンを添えて…!
・特にバケットはテッパンですが…食パンもおススメです。

バケット

バケット

白い食パン

白い食パン

白い食パン4枚切り

白い食パン4枚切り

バゲットと食事

バゲットと食事

チーズフォンデュ

チーズフォンデュ

パスタ

パスタ

【スイーツとしてのパン】
スイーツに合う飲み物…、といえばコーヒー、紅茶を思い浮かべますが、和スイーツなパンにはお抹茶を合わせてみてはいかがでしょうか!
コーヒーとパン

コーヒーとパン

紅茶とパン

紅茶とパン

抹茶とあんぱん

抹茶とあんぱん

抹茶とあんぱん

抹茶とあんぱん

【元気になれる朝ごはん】
あるアンケート調査で、朝ごはんの主食は「パン」が49%、「ごはん」が42%で、パン派が優勢だとする結果が…。
1日の始まりは朝食からといいます。
ところが最近、朝食を摂らない人が増えています。
朝食を食べないと、仕事や勉強への影響が大きいだけでなく病気にかかりやすい身体になってしまいます。
目覚めの良くない人は、血糖値を素早く高め、脳へのエネルギー補給となり、消化吸収の早いパンがおススメです。
野菜をプラスし、バランスのとれた朝食を心がけましょう。
朝食

朝食

ブランチ

ブランチ

ブランチ2

ブランチ2

◆脳を活発に働かせる
脳はエネルギー消費が大きく、夜寝ている間にも消費しつづけています。
朝食を食べないと脳にエネルギー(ブドウ糖)がいきわたらず脳が活発に働くことが出来ないのです!
◆睡眠によって下がる体温を上げる
夜、寝ている間に下がっている体温を上げるために朝食は不可欠です。
朝食を食べることによって体温も上がり、脳や身体を活発にすることが出来るのです。
◆朝の排便の習慣をつけるために
体調や生活リズムを整えるために、朝の排便の習慣をつけることが望ましいといわれています。

大切なことは、主食と他の食材を組み合わせ、栄養のバランスの良い食事内容にすることです。

栄養バランスが良い、上手な食べ合わせをすることで、主食がもっている栄養素をフルに引き出してマリアージュ(美味しい関係)が成立するのです!

次回は「パン屋さんの展望」です。


img